ガリヤマ、筋トレ先輩に日焼け・脱毛を誘われる の 巻

はじめて市営のジムに行くときに何に気をつけ準備すべきか?

はじめてトレーニングジムへ行くときって、不安になりませんか?

ぼくはかなり不安でした。

特に不安だった5つのこと

  • 持ち物は何がいるの?
  • トレーナーはいるの?
  • 器具はどうやって使うの?
  • ひょろひょろの私は場違いでは?
  • 筋トレガチ勢ばかりだと圧倒されそう…

この5つを理由にジムに行くことをためらっていました。

特に「近くて安い」近所のジムだとサービスが少ないのでは?

ですが実際にジムに行ってみると、これらの不安は全然なくてびっくり!

そこで「ジムデビュー前は不安だけど気にしなくていいよ」

といったことを伝えようと思います。

ジムに持っていく持ち物は4つ

粉のプロテインとシェイカー

市営のジムは学校の体育館に筋トレの器具が置いてあるような場所でした。

なのでジムに持っていくものは、体育館で部活動をするときの持ち物と考えれば十分です。

まだ手元にあれば、新たに準備する必要はありませんよ!

具体的にはこの4つがあれば運動はできます。

初のジムに準備する4アイテム

  • 運動できる服
  • 室内用シューズ
  • タオル
  • 飲み物

室内用シューズは特に忘れやすいので注意してください!

あとは、

・100円(ロッカーに使う)
・バスタオル(お風呂やシャワールームを使うなら)

が人によって必要になるくらいです。

よく持ち物一覧に「プロテイン」をいれる方もいますが

コンビニでも買えるので、はじめのうちは用意しなくてもいいです。

トレーナーは常駐していました

ロープを使って筋トレしている女性とトレーナー

たぶん、どのジムにもトレーナーは常駐しているはずです。
(何も知らない人に器具を扱わせたら危ないですから。)

はじめてジムに行ったときはトレーナーは2人、2回目のときは5人いました。

しかも受付で「ジム自体がはじめてです」と言えば、

器具の高さの合わせ方や正しい使い方を丁寧に教えてもらえます。

マンツーマンで付きっきりなのが嬉しい。

仮に器具の使い方を忘れても、いつでも聞けるので安心です。

さらに、このような記録をつけるシートもゲット!筋トレメニュー

何回できたか数字で分かるので次回やるときの目安になります。

前回より1回でも多くこなせることが目標です!

またジムは見学もできるので、いきなり筋トレは不安という方はまず見学をおすすめします。

誰も他人を気にしてない

ダンベルで鍛える男性

ガリガリが筋トレしても大丈夫かな?と心配してましたが、へっちゃらでした

みなさんトレーニングに集中してます!

トレーニングして分かったのですが、筋トレ中に他人を気にする暇がないのです。

呼吸を整えたり回数を数える方やペアの方のサポートしたりとよそ見する余裕はありません。

筋トレはスポーツと一緒で、集中しないは事故のもとです。

だから場違いかもしれないと不安にならなくても大丈夫ですよ!

ジムは公共の空間 ガチ勢ばかりではない

ベンチプレスを苦しそうに持ち上げる男性

筋トレしている人が全員マッスルで「ふんっ、ハァッ!」とトレーニングしてたら怖いなあ。

なんて考えていたのですが、このイメージも勘違い!

たしかにガチ勢もいましたが数人程度。

ダイエット目的のおばちゃん、健康志向のおじいちゃん、運動部、ガリガリ…

といった具合に色んな方がいました。

筋肉マッスラーが器具をひとり占め、なんてこともありません。

最低限の準備をしてジムに行こう!

私服で足の筋トレをする

ジム行く前の不安だったけど、実際はトレーナーさんがすべて教えてくれます!

だから、心配しなくても大丈夫です。

ぼくが何も知らないままジムに行き、私服で筋トレしてた際も、やさしいトレーナーさんが丁寧にフォローしてくれました。

ジムによってはシューズや服の貸し出しをするところもありますが、

ご迷惑をかけないためにも、事前の準備はしっかりしましょう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です